Skip to content

平成30年度GS法人定時総会開催

平成30年度GS法人定時総会開催 published on 平成30年度GS法人定時総会開催 へのコメントはまだありません

平成30年度 一般社団法人技術士さいたま 定時総会を開催。

日時:平成30年4月22日(日) 13:30~16:30

場所:武蔵浦和 サウスピア 8階 第3集会室

定時総会次第は下記に。

理事長あいさつ

第1号議案 平成29年度活動報告

第2号議案 平成29年度会計報告及び会計監査報告

第3号議案 平成30年度活動計画

自由討議

理事長あいさつ

1. (一社)技術士さいたま(GS法人)は、2012年(平成24年)3月26日に設立。

2. 目的は、中小企業に対する支援の「結果」を出し、それを「ビジネス」に繋げること。

3. 目標は、新技術・新商品・新サービスの開発と 新事業化の、支援の仕組みを作る。

4. 要件は、

  ① 様々な専門家・専門機関との 連携・協力

  ② 中小企業の 困りごとを 先ず全て聞く。→ 具体的解決策を構想 → 提案と旗振り

  ③ 企業の現場支援のツール (生産体質の改善・強化資料)

a. SED 共同開発 の仕組み

b. QCD 生産体質改善 チェックリスト

c. CAP-D(キャップッドゥ)の考え方

  ④ 新開発商品 販売会社:㈱ 技術士ネットサービス」を設立 (2015年5月15日)

5. スターリングエンジン(SE)新商品開発 PJなど、今年は皆で前進する。

第1~第3議案の審議・承認を経て、自由討議に入った。

自由討議(案) (今後の発展に向けて) 

中小企業は、競争力のある技術や、優秀なスタッフが不足している。 →

1. 従来の技術・アイデア・商品+αを組み合わせ、新付加価値を構想。

2. 新しいニーズや、新しいマーケットを、自ら掘り起こし開始。

3. 新付加価値商品や新市場など、ブルーオーシャン戦略を企画する。

4. 中小企業に提案し、納得を勝ち取り、旗振り役を演ずる。

 

新商品事例1

clip_image001

 競合相手のいない新付加価値商品を創造する。

 従来のLED照明スタンドとアロマ発散器具の融合。

 LED照明器具の熱の活用

a. アロマオイルの香り発散

b. SE駆動によるファンで、アロマの香りを拡散

c. その他各種バリエーションの追加

アルミダイキャスト部品(KYo合金製)の流用(C/D)

ピストン・シリンダーの材質最適化と耐久性向上検討

モニター販売検討中

特許取得済

https://youtu.be/Nn0c4_-ANn8

http://se.gs-ipanshadan.jp/

新事例2

clip_image003

clip_image005

 競合相手のいない 新付加価値商品を 創造する。

② Mo大・Hi教授の マークⅡSE を原点とする。

 従来の研究で培った、発熱材(低温度熱源)と融合させる。

④ (有)WK社が参画。鉄道模型への転用開発を推進。

 更に自動車模型への転用も推進する。 

⑥ Hi先生のSE技術と連携する。

a. お湯で走る優秀なマークⅡSE製作技術。

b. 低温度差SEに最適な理論計算のノウハウ。

c. 品質信頼性に影響する、シリンダー・ピストン材質選定。

d. 優れた外観デザイン力

e. Mo大ゼミ学生の協力

https://youtu.be/4YFeOP_28uY

http://se.gs-ipanshadan.jp/

 

事例3

clip_image007

① 競合相手のいない新付加価値商品を創造する。

② 木質系燃料ストーブとSE駆動発電機の融合。

③ 木質系廃材燃料の熱の活用

④ SE駆動発電機によるスマホなどの充電

⑤ 防災用、途上国向け用、アウトドア用なども。

⑥ 製材所向けの大型商品へのバリエーションも。

⑦ 開発・製造企業との意思統一推進中。

https://youtu.be/eIs4EIUfKCk

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA