Skip to content

「技術士の視点・提言 181002 その2」一般社団法人 技術士さいたま 代表理事中村憲雄

「技術士の視点・提言 181002 その2」一般社団法人 技術士さいたま 代表理事中村憲雄 published on 「技術士の視点・提言 181002 その2」一般社団法人 技術士さいたま 代表理事中村憲雄 へのコメントはまだありません

 鴻巣市 落合日本庭園のビジネス化について、今後の方向性への提言である   中村憲雄 18-10-2

 18-9-18に落合日本庭園を保存する会が催された。発起人代表は当園管理者の一ノ瀬勲夫氏である。オーナーの落合祐子氏、BMC研の3名の他、5名が出席した。

 議題は、現状は当庭園の維持管理が困難であり、自治体からの支援を要請したいが。ということであった。色々な意見が活発に出された。以下は私中村の個人的提言である。

 

1.ビジネス化構想

 ① 自治体の支援金は税金である。税金が支給されるには、ビジネスとして成立し有効活用される計画書が必要である。鴻巣市にもメリットが還元される提案が必要である。

 

 ② 当庭園単独では経済的にお金が回る事業とすることは困難かも知れない。しかし事業化のための自助努力と、その具体的構想が必要である。

 

 ③ 鴻巣市内には、あまり知られていないが良い観光資源が沢山ある。当園もその一つとして位置づけ、当市の観光事業化を構想し計画化すること。

 

 ④ 行田市の忍城や古墳群など近隣の良い観光資源とのコラボもあっても良い。要は当園単独での事業化構想と、鴻巣市を含めた近隣全体の、次元のワンランク高い観光事業化を提案する。これが成立しそうであれば、自治体は乗ってきやすい。当園にも支援金が回ってきやすい。

 

 ⑤ BMC研ではコウノトリNPO法人を中心に、観光事業としての可能性を追求しようとしている。これもコウノトリだけではビジネス化は難しいと考え、上記③項の考え方すなわち周辺の観光資源を上手にコラボしたビジネスとしての観光事業を構想し、コウノトリはその1つの観光事例とする案であった。

 

 ⑥ 落合日本庭園も類似の構想として検討する形となる。②項のように単独でもビジネスとして成立させる案を構築すること。現状施設の改造と活用案が必要になる。

 

2. 落合日本庭園のビジネス化案

 ① 一般的伝統的日本庭園を追従するのではない。美しい日本庭園風ビオトープ庭園に特化する。大名屋敷や昔の豪商の伝統ある大規模日本庭園などとの競争を考えると、勝負は難しいと考える。

 

 ② 池の活用を第1に考える。

  a. 現状は珍しい様々な種類のトンボや蝶が生息している。ビオトープとしての改善強化は可能な土台がある。ホタルの養殖も考えられる。錦鯉などは考えない。

  b. 上、中、下の3段階の高さに分ける案もある。

  c. 上の池はホタルを養殖する。

  d. 中の池は、ヤゴなど一般水生生物の生息。

  e. 下の池は、コウノトリのエサになるドジョウを放つ。

  f. ビオトープは都内ではビル屋上に増加しつつある。銀座シックスの屋上にも都民の憩いの場の庭がある。これを鴻巣市内にも、当園を始めあちらこちらに設けコウノトリを呼ぶ環境を整備する。

  g. 木や草の緑は、CO2を吸収しO2を排出する。国や県では大規模工場を中心にCO2削減規制を強化しているが緑を増やすことはその流れに乗ることになる。良い環境づくりが当園の強みとする。

 

 ③ コウノトリ用の人工巣塔を当園に作る。営巣を狙う。現に鴻巣市にも飛来が確認されている。過去に当庭園にアオサギも飛来したとか。当園にドジョウなど動物性のエサがあることを知らしめれば、必ず飛来する。そのノウハウは川島さんとのコラボにより、検討する。

 

 ④ 「健康づくり」も当園の特徴とする。治療より、積極的健康増進である。

  a. 健康に良いハーブを活用した、ハーブティパーティ。ハーブは庭に植える。ハーブクラブを作る。

  b. 健康に良いアロマを活用したアロマパーティ。昔公家の間で流行した「香道」の現代版である。鳥取医科大学の認知症専門医の論文では、ある種のアロマの香りは、認知症の改善に効くとか。現在では認知症の進行を抑える薬がある程度。嗅覚は脳の奥に作用し、認知症治療に効果があるという。こことのコラボも有りかも知れない。

  c. バイオレットライトの庭園照明による、近視防止効果の活用。慶大医学部眼科教室によれば、可視光線と紫外線の境界にあるバイオレットの近視防止効果を発表している。こことのコラボもあるかも。

  d. バイオレットライトはブラックライトとも呼ばれ、ブラックライト投光器として市販されているが、通常の光と違い幻想的な光景が出現する。ブラックライトは偽札の見分けにも使われているが、通常は見えにくいものも可視化できる。不思議な幻想効果がある夜間照明器に活用したい。

  e. LEDの種類は、白色光、バイオレットライト、赤色系など様々市販されている。ここでは白色光のLEDをベースに、バイオレットライト赤色系などのLEDを1つの基盤にレイアウトし、各々の光の強度を調整できる設計にしても良い。照明の色調が変わるのと同時に、特に体に影響があるバイオレットライトを、夜遅くには弱める必要を考慮したい。

  f. 近頃は紫外線の悪影響を防止する目的で、UVカットが増えてきた。その為に世界的に子供の近視が激増している副作用が認められつつある。この対応にもなると考えられる。

  g. 当園のオーナーは薬局を所有しており漢方など東洋医学にも明るいとか。更に医者と薬剤師のご子息が居られるとか。家族を上げて「健康づくり」ビジネスに協力できる土台がある。

 

 ⑤ 現在の母屋を3~4階建ての陸屋根のビルに改造する。

  a. 屋上をビオトープにするか、ドジョウの養殖に使用できるスペースを確保する。コウノトリは毎日大量の動物性のエサが必要になる。ドジョウの養殖方法を調査する必要がある。

  b. オーナーの住居は最上階にして、下位の階は軽食レストランや休憩所など、ビジネスに活用する。当園のビジネス化成功を最優先に考える。

  c. 隣にある消防署の建物屋上の活用や、市の駐車場活用の交渉が必要である。その為にはビジネスとして成功する計画書を作成し、説明できることが重要である。

 

3. その他

 ① 適正な顧客数と顧客層の想定。

  a. 単なる見学用ではなく、駅から徒歩10分以内の地の利を生かし、誰でも来やすいのんびりとくつろげる庭園に特化する。将来的には、海外観光客も期待する。

  b. 従って、軽食用のレストランスペースを備えたい。現状の母屋を立て替え、例えば3階建てにして最上階を落合一家の住居とし、1,2階はビジネススペースとする。ビジネスとして成立することを最優先に考える。顧客スペースからの眺望を考える。

  c. 彫刻教室、俳句教室、香道教室などの開校を構想し、可能なものから実現を図る。自助努力で。

 

 ② 自治体に提案し、自治体事業に組み込んでもらう方法を模索する。

  a. BMC研究会内部での意思統一。NPO法人への説明と理解してもらう。市役所への説明と提案。ボトムアップ的方法である。

  b. 計画書を県庁や上田知事へ説明に行く。トップダウン的方法も併せて実行する。

 

 ③ 平成31年1月30日(水)~31日(木)のビジネスアリーナで、広くPRする。

 

 ④ BMC研究会は、企業支援専門家集団である。ビジネスとして発展する道を構想し、提案し、黒子として支援する組織である。この度の集まりを縁としてお役に立てればと考えている。    

                                               以上

「技術士の視点・提言 180927」一般社団法人 技術士さいたま 代表理事中村憲雄

「技術士の視点・提言 180927」一般社団法人 技術士さいたま 代表理事中村憲雄 published on 「技術士の視点・提言 180927」一般社団法人 技術士さいたま 代表理事中村憲雄 へのコメントはまだありません

「技術士の視点・提言 180927」一般社団法人 技術士さいたま 代表理事中村憲雄

1. 18-7-26に鴻巣市 落合日本庭園(鴻巣市東2-1-1)を訪問した。同行者はBMC(ビジネスモデルキャンバス)研究会の小西洋三リーダーと川島秀男会員及び中村の3人。オーナーの落合祐子氏と管理者の一ノ瀬勲夫氏に当庭園のご紹介を頂いた。詳細は過去の別記による。

2. 18-9-18に当庭園の今後について考える会が催された。発起人代表は一ノ瀬勲夫氏である。オーナーの落合祐子氏、BMC研の3名の他、5名が出席した。

3. 議題は、現状は当庭園の維持管理が困難であり、自治体からの支援を要請したいが。ということであった。色々な意見が活発に出された。以下は私の個人的意見である。

4. 中村案

① 支援は税金であり、それなりの理由が必要である。自治体へメリットが還元される提案であるべき。

② 当庭園単独では経済的に回る事業とすることは困難かも知れない。しかしビジネスとして成立させる自助努力やその構想が必要と考える。自治体への丸投げや自治体案への期待が主体では寂しい。

③ 鴻巣市内には、あまり世の中に知られていないが良い観光資源が沢山ある。また行田市の忍城や古墳群など近隣にも良い観光資源がある。

④ 現状では観光ビジネスとして効果は十分とは言えない。

⑤ BMC研ではコウノトリNPO法人を中心に観光事業としての可能性を追求しようとしている。これもコウノトリだけではビジネス化は難しいと考え、上記③項の考え方すなわち周辺の観光資源を上手にコラボしたビジネスとしての観光事業を構想し、コウノトリはその1つの観光事例とする案である。

image

鴻巣市役所に展示しているコウノトリのはく製

image

鴻巣市役所のコウノトリキャラクター

⑥ 落合日本庭園も同様の構想の中で検討する案でどうか。②項のように単独でもビジネスとして成立さ現状施設の改造と活用案

⑦ せる努力と、周辺観光資源とのコラボによる観光事業化の提案である。

⑧ まず落合日本庭園の現在の資源の強みを十分活用させること。強みを再認識すること。

⑨ その上で、とりあえず鴻巣市の観光資源活用した、観光事業化構想をまとめ、自治体に提案する。

5. 落合日本庭園の観光ビジネス案(叩き台)

① 日本庭園式ビオトープ庭園をメインにする。

a. 大名屋敷や昔の豪商の伝統ある大規模日本庭園などとの競争を考えると、勝負は難しい。

b. 現状は様々な種類のトンボや蝶が生息している。ビオトープとしての強化は可能な土台がある。ホタルの養殖も考えられる。

c. コウノトリ用の人工巣塔を作れば、営巣の可能性もある。現に鴻巣市にも飛来が確認されている。過去に当庭園にアオサギも飛来したとか。現状の池をエサが豊富にあるように改良すれば、コウノトリも飛来する可能性がある。そうなれば知名度は上がる。

d. 庭にハーブや薬草を植える。漢方の知識がある薬剤師とのコラボで、特徴ある健康飲料の提供が可能になる。同好の士を集めてチーム活動へ発展させても良い。

② 適正な顧客数と顧客層の想定。現状施設の改造と活用案。

a. 単なる見学用ではなく、駅から徒歩10分以内の地の利を生かし、誰でも来やすいのんびりとくつろげる庭園に特化する。将来的には、海外観光客も期待する。

b. 従って、軽食用のレストランスペースを備えたい。現状の母屋を立て替え、例えば3階建てにして最上階を落合一家の住居とし、1,2階はビジネススペースとする。ビジネスとして成立することを最優先に考える。顧客スペースからの眺望を考える。

c. 彫刻教室、俳句教室などの開校を構想し、可能なものから実現を図る。

6. BMC研究会は、企業支援専門家集団である。ビジネスとして発展する道を構想し、提案し、黒子として支援する組織である。この度の集まりを縁としてお役に立てればと考えている。

GS法人のミッション(設立目的、使命) 18-8-23 理事長 中村憲雄

GS法人のミッション(設立目的、使命) 18-8-23 理事長 中村憲雄 published on GS法人のミッション(設立目的、使命) 18-8-23 理事長 中村憲雄 へのコメントはまだありません

GS法人のミッションは何度でも発信したい。チャンスをとらえ、広く発信を続けたい。

仲間を募り、展示会も活用し、ITの道具も使い、知恵を結集し、心を熱くし、結果の出る活動につなげたい。

我が国のものづくりは、世界を俯瞰しても歴史的に見ても、応用技術開発による新商品開発が得意であった。

今でも世界トップ級の潜在力はある。しかし新興国の追い上げもあり、今や自信を失って20年以上経った。

得意を活かし、ものづくり世界でかってのようなリーダーシップを取り戻せないだろうか。これが動機である。

GS法人は様々な専門家や賛同者の連合体である。企業発展は技術・経営・販売・人材育成など複数分野のバランスある発展が必要である。専門分野の垣根を超え、額を突き合わせた逆T字型の協力体制で、企業の現場で、従業員と共に3現主義で研究・改善を進めたい。皆で喜びを共有したい。輝く笑顔を実現したい。

スターリングエンジン(SE)を応用した、面白い新商品の開発をはじめ、様々なプロジェクトを進めている。

ドローンの新機体開発にも参画しており、SEとのハイブリッドも検討を始めた。空は面白い。健康・医療分野なども新商品に関連付けている。その他個々の企業から持ち込まれたアイデアの具現化も支援可能である。

必要なのは「自信」である。日本が若かったころ、発展途上であったころ、そこにはチャレンジスピリットがあった。未来を熱く夢見るモチベーションにもなっていた。いわば「根拠のない自信」ともいえる。精神的若々しさが満ち溢れていた時代。年代を経た現代に、それを再現したい。仕組みを作り出したい。

お金とは、価値との等価交換である。大きな価値を生み出す人には、大きなお金が後から巡ってくる。銀行にお金がある。企業にお金がある。顧客など人にもお金がある。日本全国、世界中にお金がある。少しづつお金を集め上手く使うこと。顧客が、断る理由が見つからない商品やサービスを提供する。是非売って下さい、是非作らせて下さい、是非売らせて下さいと言ってもらえる商品やサービスを、客観的に徹底的に考えること。

最初から100点満点のものはない。新技術・新商品は出来たら完成ではない。改善・改良を継続すること。

その仕組みを生み出すのが、専門家連合も参画した、企業との合同プロ集団である。GS法人のプロデュース活動である。自分の道は自分で切り開くしかない。自分で考え、決断し、行動する。そこに仲間があれば、1+1は3にも、5にも、10にもなる。一人では、1社では難しいことでも。

お金は、使い方を先ず考える。誰よりもお金を上手に使える人に、お金は集まってくる。先ず使うことを最優先に考える。どう使うのか。稼ぐことはその後で考えれば良い。順番を間違えない。お金をたくさん集めれば、選択肢は格段に広がる。お金をたくさん稼ぎ選択肢を広げる。大変良いことだ。お金を人生の楽しさや夢の実現に、成長や進歩に投資する。効率よくお金を使う。1円たりとも無駄に浪費しない。これがコツだ。

お金を上手に使っている場面を、リアルに臨場感をもって、生き生きとイメージする。お金は流通することが使命である。お金は役に立ちたいのである。お金を欲しい欲しいと願っているだけでは、動くイメージがない。お金を貯めこむことが目的になっていては、お金の使命に応えられない。どう使うか。これが大切である。

GS法人のプロジェクトは、企業や関係団体などからの依頼は、全て受けることを基本としている。

中には経験のない分野からの支援依頼もある。しかし知らないから自由な発想ができる。外部から踏み込むから、イノベーションの提案ができる。既存の業界に革命をもたらすのは、常に外の人である。外側から、どんな業界でも内部に入り込む。更にはその道の専門家も参画してもらい、協力関係の良いチームをつくる。

固定観念や常識にとらわれない発想が大切である。高い視点で俯瞰し、未来を見据えながら、目の前の課題に全力で集中する。1歩1歩確実に前進する。専門家連合の力を逆T字型で発揮すること。これが強みである。

ホンダのSED共同開発体制、日産のクロスファンクショナル組織、アメリカ航空機製造会社のコンカレントエンジニアリングにも類似している。開発業務だけでなく、日常改善業務にも使える。

GS法人のゴールは、ものづくりを主体として皆がハッピーになる道を築くことである。日本人が得意だった、皆で考え、行動するいわば和の精神を見直すこと。得意分野を持ち寄り、ヒトの分野にも口をはさみ、何とか新しいもの、面白いものを生み出す。いさかいを超えて調和し、結果につなげる。我が国の企業発展の一端を担いたい。埼玉発で関東へ。日本初で世界へ。リーダーシップを取り戻したい。GS法人のミッションである。

GS法人活動への大勢の参画を期待しております。専門家としての役割志願に関することでも、そのお手伝いや様子見からの参加でも歓迎します。また企業相談でも、支援依頼でも、どんなことでも気軽に声をかけて下さい。仲間として、皆と一緒に、徐々にでも何らかの活動につながるきっかけになればと思っております。

                                           以上

鴻巣市 落合日本庭園(鴻巣市東2-1-1) 訪問 18-7-26(12:30~15:00)

鴻巣市 落合日本庭園(鴻巣市東2-1-1) 訪問 18-7-26(12:30~15:00) published on 鴻巣市 落合日本庭園(鴻巣市東2-1-1) 訪問 18-7-26(12:30~15:00) へのコメントはまだありません

鴻巣市 落合日本庭園(鴻巣市東2-1-1) 訪問  18-7-26(12:30~15:00)

    訪問者 鴻巣コウノトリを育む会副代表:川島秀男 BMC研究会:小西洋三 GS法人:中村憲雄(記)

    彫刻の森落合日本庭園オーナー:落合祐子  管理者:一ノ瀬勲夫(彫刻家)

訪問目的:鴻巣市を中心とした観光資源の連携による、新規観光産業の創生のための調査

庭園

clip_image002

   一ノ瀬勲夫  小西洋三  川島秀男     中村憲雄

clip_image004

clip_image006

clip_image008

clip_image010

clip_image012

clip_image014

clip_image016

clip_image018

clip_image020

clip_image022

clip_image024

clip_image026

管理者の一ノ瀬勲夫さんは、彫刻の指導も行っている。観光客相手の体験型彫刻も考えたらどうか。

茶室で茶の楽しみや、俳句の会など様々な申し込みも受けているが、多角的な展開も大切である。

築50年の茶室に隣接する庭は大変美しい。ビオトープ風な池には、様々なトンボや蝶が舞う天国でもある。

訪問後の感想であるが、日本庭園としては大変価値がある。個人の管理では維持が困難である。この価値を維持するためには、明確に観光資源として位置付けること。沢山の顧客に公開が可能なシステム構築を考えることが必要ではないか。

鴻巣市には、このような隠れた観光名所がたくさんある。1つ1つは小さなものかも知れないが、観光客の目線で効率の良い訪問方法などを考えたい。新しい観光事業の開発を目指したい。BMC研究会で構想を練り、行政に提案し、実行したい。

中小企業の自社商品開発について 18-7-6 GS法人理事長 機械部門技術士 中村憲雄

中小企業の自社商品開発について 18-7-6 GS法人理事長 機械部門技術士 中村憲雄 published on 中小企業の自社商品開発について 18-7-6 GS法人理事長 機械部門技術士 中村憲雄 へのコメントはまだありません

景気は回復傾向にはあるが、バブル期後半に比べるとマダマダである。

GDP(国内総生産)は世界第3位であるが、2位の中国にはダブルスコアで負けている。

国内人口で割った1人当たりGDPは、当時の世界第3位から、現在はまだ26位と低迷している。

一人当たりの生産性が、全く弱体化しているのである。経済的満足感が不足している理由である。

 

良い品質であれば昔は売れた。もの不足時代であった。今は品質は当たり前。コスト競争の時代である。

中国、東南アジアとのコスト競争だけでは、今後も勝てない。

重心を、新技術開発、新商品開発に徐々に移すべきである。これしかない。

 

GS法人は中小企業支援を謳っている。特にモノづくり企業に対して。これを活用して欲しい。

企業が儲かれば、そのホンの一部を一時的にフィードバックして頂く。

様々な専門性を持つ技術士や企業OB、大学教授などが、総合的に対応する。

 

世界を俯瞰し、今後の戦略や方向性を具体的に提案する。現場に入り3現主義で現場作業者と共に研究する。

様々なツールを駆使する。

企業の皆さんの笑顔が糧です。相談はタダです。多忙ですから順番待ちはあります。

気軽に、世間話的でも良いです。お待ちしております。

NPO法人による、地域活性化活動の「成功条件」 17-8-8 中村憲雄

NPO法人による、地域活性化活動の「成功条件」 17-8-8 中村憲雄 published on NPO法人による、地域活性化活動の「成功条件」 17-8-8 中村憲雄 への2件のコメント

1. (一社)技術士さいたま(通称GS法人)は、企業支援の「結果」を出すことを重視する。その為には、従来の仕組みや支援活動にとらわれない、最適な方法を自由に取り入れる。

2. 地域活性化を目的とした、あるNPO法人活動を支援しようとしている。成功のポイントは以下の通りと考えている。

3. 「成功」実現に対して、「熱い心」を持った活動スタッフが、何人かはいること。

4. NPO法人活動は、ボランティアや趣味ではなく、「持続可能な経済活動」であること。すなわち会員の生活を長期に守れる収益を、必ず確保できること。1人当たりの年収は、500万円以上を狙えること。

5. 「地域活性化」が狙いであれば、例えば「新たな魅力を持ったまちづくり」が目的であれば、「ビジネスの視点での事業計画」が必要である。儲けられなければ、すぐつぶれるようでは、NPO法人活動の意味はない。

6. NPO法人だけでなく、公的機関、地域住民、大学、企業など様々な関係者との連携や協力が必要になるケースが多い。その関係者も経済的に報われることが大原則である。趣味の延長では、情熱もいつかは冷める。

7. したがって、「経済的発展が期待できる新しいビジネスモデル」の創造が成功条件になる。

8. 例えば「小江戸川越」は歴史的、伝統的観光資源により、ある程度の賑わいはある。しかし日帰り客が多く、それ以上の発展は期待薄に見える。東京近辺の日帰り観光地区では、同様な悩みを抱えているところが多い。近場であっても、観光客が宿泊したいと考える、新しい魅力の創造が必要である。それでこそ、海外客も期待できるようになる。海外観光客が宿泊したいと考える、新しい魅力づくりがポイントである。

9. 「温泉」、「グルメ」、「観光資源」の3点セットが先ず必要である。無ければ作れば良い。温泉が無ければ掘れば良い。名物料理は無ければ新開発する。それらを備えた、良い宿泊施設も必要である。地場の観光資源だけでは不足の場合も多い。したがって近隣の観光資源と一体となった、「地域観光」の視点が必要になる。近隣地域への提案や働きかけが重要になる。新しい総合的な観光インフラ作りを構想することである。

10. 私たち専門家集団は、構想・提案者であるべきである。単なるアドバイザーではなく、「旗振り役」である。リーダーシップを発揮する、プロデューサーとなるべきである。新しいビジネスモデルの創造者でもある。

11. 経済発展の機会を新たに生み出すこと。構想・提案し、協力者や賛同者を増やし、公的機関を動かし、地域の住民、企業、公的機関、大学などの参画者を募り、それぞれの役割責任を共有化し、活動すること。そして革新的成果をもたらすこと。このモデルづくりを始めようとしている。

12. 第3次改造内閣の「一億総活躍」、「地方創生」などは追い風である。是非乗りたいものである。  以上