Skip to content

「技術士の視点・提言 181002 その4」一般社団法人 技術士さいたま 代表理事中村憲雄

「技術士の視点・提言 181002 その4」一般社団法人 技術士さいたま 代表理事中村憲雄 published on 「技術士の視点・提言 181002 その4」一般社団法人 技術士さいたま 代表理事中村憲雄 へのコメントはまだありません

うさぎ山庭園のビジネス化による保存について。         中村憲雄 18-11-09

image

1. うさぎ山庭園の保存は、ビジネス化構想が成立することにかかっていると言えます。その為には補助金取得が大変有効になります。経済的支援の有利さと、事業化構想の良否が客観的に判定されるからです。

a. JR北与野駅前にある「埼玉県産業振興公社」は、予約制ですが沢山の相談窓口があります。「新事業創出」あるいは「起業・創業」というテーマで相談に行かれたらどうかと思います。私も以前「創業補助金」をここで取得したことがあります。補助金についてもタイミング・種類など色々教えてくれると思います。

 

b. 現在は地方創生が謳われている。これに乗れるかどうかも検討の価値がある。関東経産局あたりに相談に行きたい。

 

2. 保存会の事務局長であるIさんと、支援専門家チームリーダーのKさんのお二人が事業計画書作成推進と、公的機関など関係者への説明担当者として適任と思います。最近時は女性起業家の支援にも力を入れているので、オーナーのOさんの同行も良いかも知れません。

 

3. 相談に行くときは、ある程度の資料の準備が必要と思います。大雑把な叩き台資料でもないよりはましです。

 

4. 私が懸案に思っている事項

a. オーナーのOさんがまだ決心が十分ではないようです。どのような事業計画になるのかまだ具体的イメージが見えないこと。更に家族、特に薬剤師の長女の方と医者の長男の方が、母親の将来に対する希望などの気持ちを十分理解されていないご様子。この2つが大きいと思います。これを先ず何とかクリアしたい。

b. 「事業計画書」が例え50~60%の完成度でも、先ず作成に取り掛かりたい。これ無しには落合家はもとより、鴻巣市・県・埼玉県産業振興公社など対外的にも、私たち周辺の関係者にも、検討が具体的に進みにくいです。Oさん、娘さん、息子さんにこれで説明し、まず最初に理解を得たい。抽象論的・アドバイス的な議論が多くては決心がつきにくく、後でどんでん返しが発生する恐れも感じられました。Oさんは、先ず市や県からの提案があることをあてにされているように見えました。しかし自分達からの事業化提案が先になることのご理解が、まず必要に思えました。

c. 事業計画書は、BMCの次に(先に)あると思います。BMCは事業を大きく把握するには有効ですが、詳細な具体論は別途作成する必要があると考えます。事業の「幹」を、多少の不備があっても、先ず構築する。細かい応用課題や「枝葉」は後からでも、走りながらでも追加は可能です。

d. 関係者「全員」が納得し賛成する案は、現実には存在しないと思います。全員の意見を聞き、足して2で割ると、何の面白みもない案になりがちです。民主主義ですから先ず全員の意見をよく聞く。次にリーダーはその上で、自分なりの結論を提出する。全員とは全く違った結論でも良いのです。リーダーですから。その代わり、必死になって全員に説明すること。結果的に納得が得られなくとも決定する。最後は少人数の納得が得られれば良いと考えます。リーダーなのですから。

e. 「幹」部分を「事業計画書」形式で表現し、キーマンである落合家の皆さんの賛同を基本的に得ること。これができる程にまとまれば、関係者の議論の方向性も決まり、「埼玉県産業振興公社」など公的機関への説明も、より効果的にできるのではないでしょうか。Kさん・Iさんが中心で、ご検討・ご推進頂ければ有り難いと思っております。

5. 10/29に館林市仲井谷田承水溝貯水地で川島さんが撮影した、コウノトリ「きずな」の写真・動画を頂きました。とりあえず2枚添付いたします。大変姿が美しい、品のある鳥に見えますが、自分の頭より大きい魚を食べるときの動画は、ある種のどう猛さを感じさせます。大変魅力的な写真・動画でした。

18-10-29館林市仲井谷田 承水溝貯水池 川島さん撮影コウノトリきずな 1 

18-10-29川島秀男氏撮影

「技術士の視点・提言 181002」一般社団法人 技術士さいたま 代表理事中村憲雄

「技術士の視点・提言 181002」一般社団法人 技術士さいたま 代表理事中村憲雄 published on 「技術士の視点・提言 181002」一般社団法人 技術士さいたま 代表理事中村憲雄 へのコメントはまだありません

「彩の国ビジネスアリーナ2019」に共同出展を決めた。http://bizmatch.saitama-j.or.jp/

clip_image002

1. 会期:  2019年 01月30日(水)~ 31日(木)10:00~18:00

開催場所:さいたまスーパーアリーナ https://www.saitama-arena.co.jp/

 〒330-9111 埼玉県さいたま市中央区新都心8番地  

JR京浜東北線等さいたま新都心駅 徒歩3分。JR埼京線 北与野駅 徒歩7分

2. 関連企業との共同出展にする理由

① 技術・製品の展示会である。展示ブースにおいて、自社の製品や技術力、サービス等をPRする機会になる。B2Bが主体であるが、来場者や他の参加者との新たなマッチングや協力を期待したい。

② ビッグサイト等どこの展示会でも、顧客が多く集まる数少ないブースと、殆んど素通りされる大多数の所に分かれている。せっかくの出展であり是非集客効果を上げたい。一社より複数企業で、文殊の知恵を絞りたい。

③ 中小企業のトップは大変忙しい。2日間フル出場は厳しいかも知れない。「皆で全部を見ること」も、1つの解決策になるかも知れない。またブース内で各社の効果的なPR方法も、統一的に考えたい

3. 私共(一社)技術士さいたま(通称GS法人)も、久しぶりにこの度の出展を決めた。前回は「コラボさいたま」で関連企業との協力・連携もあり、良い効果を上げていた。これを機会に今後も継続したい。

clip_image004

2014コラボさいたま出展風景

4. 現在はGS法人を入れ、4社がエントリーを決めている。とりあえず3小間連続ブースでの展示を考えている。LEDバイオレットライトアロマスターリングエンジン(SE)健康照明器具、木質系燃料防災用SEスマホ充電器、鴻巣市コウノトリ日本庭園ビジネス化プランなど面白い新商品、新プランなどを展示予定。更なる参加者も歓迎したい。

5. ガスバーナー、アルコールランプなど小規模ではあるが、スターリングエンジン駆動用の火を使う。展示品を作動させてPR効果を上げたい。消防法の適用なども申請する予定である。

6. 更なる効果を上げるための協力者も依頼している。素人集団では制限もある、パンフ、ビラ、パネルなどの品質や展示効果の向上も図りたい。ぜひ皆の知恵と活動力をコラボさせ、楽しく成功させたい。

製造現場の品質管理と不良率について(ある企業の品質不良状況と対応について)

製造現場の品質管理と不良率について(ある企業の品質不良状況と対応について) published on 製造現場の品質管理と不良率について(ある企業の品質不良状況と対応について) へのコメントはまだありません

株式会社X社 代表取締役社長 Y様

先日はご多忙の所、工場内を長時間にわたり案内して頂きまして、誠に有難うございました。

従業員の方々からも笑顔でご挨拶を頂いたり、実状をご親切に説明して頂いたり、大変お世話になりました。

品質管理の帳票や日程管理表および工場の運営についての方向性などを拝見し、大変良い工場との印象を持ちました。

私なりに感じたこともいくつか有りましたので、もし参考にして頂けるなら大変有難いと思いました。

clip_image002

(写真はイメージです)

品質管理と不良率につきまして。一般論でもありますが。

1. 近年の多品種極少量ロット生産では、出荷不良率0%目標実現のために、発生不良率も0%目標を関係者全員で、一丸となって、本気で取り組んでいる企業も、徐々に現れてきております。

2. その結果として、PPM台の不良発生(0.1%以下)に抑えている企業も増えております。数十PPMやそれ以下の企業も少しづつ目立ってきました。後工程へ不良品を、絶対流さないことを目標としております。その場で直ちに、不良を修正しております。

3. トヨタでもホンダでも、どんな大企業でも、ものづくり現場では、不具合は毎日必ず発生しております。ゼロは今でもありません。それに対応する仕組みがどの程度かで、結果に差が出てきているようです。

4. トップダウンと、ボトムアップが噛み合うことが大切と思われます。トップが本気の決意を見せることと、現場が対応しやすい仕組みを、御社流のやり方で、作り続けることしかないのではないでしょうか。

5. コンサルタントの方々や優秀でまじめな従業員が揃っておられると確信しました。先日も少し触れさせて頂きましたが、製造現場のQCD全ての改善強化に取り組まれることが、ベターではないかと思っております。

6. CAP-Dの考え方と、QCDチェックリストをもとに、毎日休みなく推進できれば、結果は必ず出ると思われます。企業内でそのような体制ができ、回って行ければ、それで十分と私は考えております。

7. OCD体質の向上に伴い、工場の雰囲気が、5S改善として変わってくると思います。1年以上も使わないモノを捨てる「整理」。整理されたモノを使いやすくレイアウトする「整頓」。チリ・ホコリ・汚れのない現場の毎日の「清掃」。標準化やルール化により、それらの状態が維持されている「清潔」。日常作業の中で従業員の活動に活かされている「しつけ」。5S改善が進捗の1つの目安になります。

8. 「検査」は不良を見つけるために必要です。検査が「改善」に結びつかなければ、付加価値の少ない「作業」になってしまいます。「やりがい・生きがい」につなげる仕組みが必要と考えます。

9. 通常はPPMの不良でも、10数%不良が発生するときもあるのは、偶然ではありません。タマタマではありません。再発する可能性も考えられます。体質・仕組みの改善が必要と思われます。

clip_image004

(写真はイメージです)

失礼を顧みづ、また実状もわかっていない中で色々書いてしまいました。

どうか失礼をお許しください。

御社の益々のご発展・ご繁栄を心よりお祈り申し上げます。

********************************************************

中村憲雄

一般社団法人 技術士さいたま (GS法人) 理事長 

  さいたま市 日刊工業新聞社内 http://gs-ipanshadan.jp

株式会社 技術士ネットサービス (Gネット)代表取締役

事務所・自宅

〒350-1301埼玉県狭山市青柳63-20-103 携帯090-4092-4665

Tel・Fax 04-2954-2832 E-mail nnak@mb.infoweb.ne.jp

********************************************************