Skip to content

「技術士の視点・提言 181002 その3」一般社団法人 技術士さいたま 代表理事中村憲雄

「技術士の視点・提言 181002 その3」一般社団法人 技術士さいたま 代表理事中村憲雄 published on 「技術士の視点・提言 181002 その3」一般社団法人 技術士さいたま 代表理事中村憲雄 へのコメントはまだありません

 鴻巣市 落合日本庭園のビジネス化について、今後の方向性への提言である。  中村憲雄 18-10-23

 

18-10-16に落合日本庭園を保存する会(うさぎ山庭園保存会)が催された。発起人代表者である一ノ瀬勲夫氏以下、BMC研究会の小西洋三氏、中村の他、4名の出席であった。

 議題は前回に引き続き、今後の活動方向について、色々な意見が活発に出された。その結果を踏まえ、以下は私中村の個人的提言である。

 

1.ビジネス化構想の方向性について

① 「新事業として経済的に成立すること」が本会の目的を支える必要条件である。これが合意された。したがってBMC研究会メンバーである私も、参加する意義がある。ボランティアでは参加しにくい。

ビジネスとして成功すること。これが最大の要件である。しかし条件としてオーナーである落合祐子氏が気持ちよく居住できること。当庭園内が第一要件であるが、隣接地なども検討対象になるか?

③現状の庭園や茶室の整備だけではビジネス成功には不足と予測される。新たな付加価値創造が必要である。

④ 現状の母屋の改造や、その周辺に所有している土地スペースの有効な活用が必要。更に当庭園に隣接する、落合氏所有の貸駐車場の有効活用も大きな武器になる。

⑤ 以上を、新しい事業を創造する取り組みとして「事業計画書」としてまとめることが必要である。これができると、当会メンバーの相互合意や、対外的事業関連者への説得が可能になる。

⑥しかし当園単独では、事業化成功は制限がある。鴻巣市など公的機関や金融機関などの賛同が得られるレベルにしたい。その為には、もう1ランク次元が高い「鴻巣市の観光事業」成功のシナリオを構築し、関係機関に提案し、ある程度の賛同を得られることが絶対的に必要と考える。その2つが成立する「事業計画書」の取り組みが求められている。

 

2.落合日本庭園(うさぎ山庭園ふる里)のビジネス化案

①  前回も提案したが、当庭園の「新たな付加価値のある特徴」を持たせること。これなしにはビジネス成功には制限がある。これには2つの解決策がある。

 a. 1つは、前回の会議にも出された、現状の母屋やその周辺のスペースの有効活用案。これが基本。

 b. もう1つは、「コウノトリ」の当園への飛来を何とか実現させる。これがビジネス成功の目玉になると思われる。これなしでは付加価値的に、一般的競争相手と大きな差をつけることは難しい

 c. 「コウノトリ」は現在鴻巣市に1羽だけ飛来している。鴻巣市は、この餌場を荒川河川敷に計画しているとか。この餌場が将来コウノトリの通常の食事場所であり永住地になれば良い。しかし当園にもオヤツ程度でもエサがあれば、飛来することは期待できる。この可能性を真剣に考える。現在はアオサギ・シラサギが歓迎されないが飛来してくるとか。

 d. 技術士の室捷介氏は水関係の専門家であるが、環境や水産資源など、この類の知識や経験が豊富である。実家は和歌山市にあり広大な敷地がある。ここで現在コウノトリのエサになるドジョウの養殖について、その可能性を自ら実験し確認中である。室氏は実践的・理論的活動家である。

 e. その他、当庭園関係者に土台がある、例えば健康関係の事業資源なども活用し、「事業計画書」の叩き台を先ず作りたい。

 

「鴻巣市の観光事業化」成功のシナリオ構築も、前回概要を提案したが、これも併せて実施したい。これは別途検討したい。

 

3.事業計画書について

① 事業は儲けて利益を出すことが必要である。様々な構想は全てこの1点の実現に集約される。

② 当然当園だけではなく鴻巣市などの公的観光事業との関連も大きい。しかし自助努力も必要である。

③ 前回の検討結果では、庭園への入場料や茶室の使用料だけでは、必要な収入が期待されにくい。

④ 当園事業の大きな収入源はレストラン事業が第1と考えられる。他をメインにするには力不足である。

⑤ 庭園眺望がウリだけでは力不足である。やはりコウノトリが(時々でも)飛来する庭園をウリにしたい。従って大きな要素は、ドジョウがいる泥のある浅い池である。ここに養殖したドジョウを定期的に放流する。オヤツのドジョウである。更に、羽を休める営巣塔なども建てたい。

 

⑥ ターゲット顧客を絞りたい。

 a. とりあえずは中高年の女性である。この顧客が定期的にリピート来園すること。若い女性や男は後からついてくる。中高年女性を先ず引き付ける魅力のある企画であること。顧客予備軍が参画し、魅力ある企画案を複数で創造することも大変有効である。多様な組み合わせになっても面白い。

 b. 顧客のアンケートからは、真のニーズは出てこない。過去の分かり切った一般論のニーズでしかない。顧客が気づいていない、潜在的ニーズを何とかして探り出すことが、成功の秘訣である。

 c. 将来の主たる顧客は、欧米系の金持ちの海外顧客に焦点を移す。彼らは土産物や買い物よりも、日本の歴史、伝統、文化に興味を持っている。これに応える体制や準備が必要である。当然当園だけでなく、観光地域全体的に言えることではある。この観点が我が国の観光戦略に欠けている。

 

⑦ 売り上げ計画・利益計画を叩き台案から作成する。叩き台案の片鱗が残らないほど熱く議論をする。下記はごく一般論的に考えただけの資料である。

 a. 当園の従業員数を、レストランも経営すると仮定して、とりあえず6人とする。

 b. 従業員の年収(固定費):500万円×6=3,000万円

 c. 設備償却費(固定費):5,000万円÷10年=500万円/年間

 d. レストラン管理運営費:500万円/年間

 e. 庭園管理費(外注):100万円/年

 f. 借入金返済(年間):5,000万円÷10年=500万円/年間

 g. その他必要経費:400万円

 h. 支出合計:5,000万円/年間

 i. 希望営業利益:1,000万円/年間

 j. 希望売り上げ高:6,000万円/年間   →  500万円/月間   →  25万円/日

 k. レストランで一人当たり1,250円/日売り上げとすると、200人/日の訪問が必要となる。

 l. その他入園料、貸室、貸駐車場の収入は、プラスアルファと考える。

 

⑧ レストランで、一人当たり1,250円/日売り上げ、200人/日の訪問を成立させるには

 a. コウノトリが時々でも飛来する、美しい日本庭園風ビオトープ庭園の眺望。

 b. 地元食材を多用したおいしい、特徴のある目玉メニュー。例えば高級ドジョウ料理など。

 (ドジョウは、非常に栄養価が高い。コウノトリ用の養殖ドジョウの活用を名物に。)

 c. ハーブティ、ハーブ料理、健康薬用食品の開発と提供。(漢方薬局、医者、薬剤師の健康資源)

 d. 最高級ではなくても、中級以上の雰囲気のあるレストラン。

 e. 40席以上?日本風レストラン?琴の音のBGM?日本風のウリ。しかし椅子席多用か。

 f. 庭園訪問客茶室利用客の、レストラン利用を狙う。

 g. 駅から8分ぐらいの徒歩圏で、駅よりバス1停留所強にありアクセスは良い。広い駐車場もある。

 

⑨ 業計画書が100点満点でなくとも、ある程度できれば共通言語になり、アクションプランにもなる。計画書が50点以下でのアクションは無駄である。しかし石橋を叩くだけではなく、ある程度のチャレンジは必要である。先ず事業の魅力と可能性を体系的にまとめること。これなしでは進めない。

 

⑩ BMC研究会に以前提案したことであるが、首都圏の観光地でも必ず1泊以上滞在することが、観光事業発展のためには必要である。日帰りや素通りでは観光事業として発展が限られてくる。東京近郊の観光地はどこでも同じ状況である。1泊以上したくなる魅力を創造すること。自分たちで自助努力で先ず考えること。私は、温泉、地元の美味しい料理、それに訪問して楽しい観光資源の、3つの要素が必要と考える。鴻巣市にはそのような宿泊施設がない。もし上記提案が基本的に合意され、詳細計画に入る段階になれば、温泉付きの宿泊施設建設を考えても良い、協力しても良いと言う経営者が存在している。自分達だけでなく、そのような多くの企業や関係者を巻き込んだ、より高次元の観光事業構想に発展できればと、期待している。

 

4. 最後に、 デービッド・アトキンソン「新・観光立国論」より。

    これはイギリス人アナリストが提言する21世紀の「所得倍増計画」でもある。

① 観光立国になるには、「気候」、「自然」、「文化」、「食事」の4条件が必要である。日本はその全てを満たしている稀有な国である。実は大変に恵まれている。

② しかし2013年の日本の外国人観光客は1036万人で世界第26位である。世界の国際観光客合計が10億8700万人と幾何級数的に増加している中で、大変少ない。

③ 観光客数の人口に対する割合は、26位までの国々平均で26.3%。それに対し日本は8.2%である。世界の観光産業は全世界GDPの9%を占める中で、日本は0.4%である。もったいない。日本全体の視点になっても、問題を洗い出し改善する必要がある。

④ なぜ日本が観光業に力を入れてこなかったか。ポテンシャルがあるのに、実はその能力に気づいていなっかった。観光産業強化の考え方が乏しかった。戦略が殆んどなかった。スローガンはあるが、今現在も意識が乏しいままである。観光客は一律ではなく、多様な人々が訪問してくる。色々な人々が色々な目的で訪れるのである。マーケットインの考え方にこれから徹する必要がある。

⑤ 現在の観光客はアジア人が多い。しかし世界の富裕層は欧米やオセアニアである。欧米人は文化や歴史に大変興味がある。それに焦点を当て、多様なニーズに応えること。観光立国になることは、GDP回復に直接的に結びつきやすい。国民の幸福度アップにもつながる。  

                                以上

「NPO法人鴻巣こうのとりを育む会」の、観光事業化・地方活性化への発展に向けて

「NPO法人鴻巣こうのとりを育む会」の、観光事業化・地方活性化への発展に向けて published on 「NPO法人鴻巣こうのとりを育む会」の、観光事業化・地方活性化への発展に向けて へのコメントはまだありません

「NPO法人鴻巣こうのとりを育む会」の、観光事業化・地方活性化への発展に向けて            18-6-14 中村憲雄

技術士会と経営士会は、埼玉県において長年の交流が続いている。日本経営士会埼玉県支部長である小西洋三氏は、BMC研究会を毎月第2月曜日に主宰されている。GS法人からも毎回4人ほど参加している。BMCとはビジネスモデルキャンバスの略で、A4の紙1枚で事業計画なり開発計画を可視化する、アメリカ発の手法である。厚い計画書を作ったり、それらを理解するのも結構大変である。しかし紙1枚に概要を表現することで、全体像が簡単に把握しやすい。大きなポイントの抜けモレもなくなる。世界で使われ始めている手法である。

BMC研究会のメンバーの1人が「NPO法人鴻巣こうのとりを育む会」の副理事長であり、その発展を支援するため当研究会でも長年バックアップしてきた。

例えばコウノトリを呼び寄せるために、鴻巣市に無農薬水田を作り、ドジョウなど動物性のエサを確保しようとしている。そのコメは無農薬米として販売しているが、売上の増加戦略などの支援を続けてきた。

今回は新たな発展につながる可能性の提案にチャレンジしてみた。すなわち当NPO法人の通常活動の支援に止まらず、観光事業化・地方活性化にもつながる、新たなビジネスとしての可能性を探ってみた。先ずBMCに表現してみた結果、色々なことが分かってきた。

image

コウノトリ(グーグル画像検索より)

 

1. 「新・所得倍増論:デービッド・アトキンソン著」によると、観光大国になる条件は「自然・気候・文化・食」の4つを満たす必要がある。これらすべてを満足できる国は、世界で10か国もないと言われている。日本はすべてを満たしている、世界でも非常に稀な国である。国際観光客が落とした外貨を、その国のGDPで比較したランキング指標がある。日本は世界129か国中、第126位である。経済の絶対量に対し、観光業の割合が、世界で際立っ低い国である。観光資源という潜在能力に恵まれているにも関わらず、活かしきれていないのが実態である。

2. 遅まきながら「世界に誇れる観光立国」を日本政府は打ち出している。内需中心の経済に変えるためでもある。それに乗れるような戦略を構想したいと考えた。本事業の中心は「観光事業」と考えた。地域にビジネス拠点ができれば、仕事ができれば、職住接近で地方活性化にもつながる。

3. 「コウノトリ」関連事業は、観光資源の要素の1つではある。しかし観光事業として経済的に回すには、儲けるためには、タマとしては物足りない。多数の観光客を呼び寄せ、滞在させるには、更に多くの仕掛けが必要と考えた。

4. 「観光資源」という視点に立つと、鴻巣市にはコウノトリ以外にも結構ある。ひな人形製作発祥の地であることは、殆んど知られていない。荒川河川敷には、ドローンが集まりそうである。趣味や競技、あるいは試験施設なども。鴻巣市の周辺地域にも観光資源は散在しているが、観光事業としては成功しているようには見えない。例えば小江戸川越は歴史的伝統的資源があっても、日帰り観光客が多く、現在は商業よりも工業の売り上げが多くなっている。鴻巣の隣の行田市も同様な悩みを抱えている。秩父にしても同様である。

5. 「温泉」、「グルメ」、「観光資源」の3点セットが観光事業成功のために必要と考える。日帰りや素通りではなく、一泊以上宿泊したいという「魅力」づくりには欠かせない。温泉は、日本では掘れば出てくる。土地の食物を工夫したおいしいものは、作ればよい。残りの観光資源は、1か所では魅力が少なければ、近隣とコラボさせれば良い。この考えを基本構想の中心に据える。

6. 鴻巣市は、埼玉県のほぼ中心にある。アクセスは悪くはない。圏央道や17号(中山道)を通じ、成田、羽田、都内や近県には便が良い。高崎線は秩父鉄道や川越線に繋がっている。秩父から川越までSLやお座敷列車を通せば、「埼玉観光ベルト」構想にもなる。お座敷バスを通しても良いかも知れない。桶川のホンダエアポートは軽飛行機の遊覧飛行場であるが、以前は飛行船も飛来した。乗用ドローンなども含め、近隣観光地巡りの拠点としての参画提案もあり得る。

7. 川越川島町の越辺川や、秩父鉄道沿いの明戸地区荒川には、鴻巣市の無農薬水田と同様、白鳥が飛来する。地域ごとの大型の水鳥等の呼び寄せもコラボさせても良いかも知れない。

8. 要は、地域ごとの縦割り的視点ではなく、もう少し高い視点に立って観光事業を構想することが大切と考える。このような構想は、我々のような新事業を構想・支援する、自由で柔軟な専門家集団が似つかわしいと考えた。様々な企業や公的機関などとの協力・連携が必要である。先ず最初の事業化構想を立案して見た。今度賛同して頂けそうな、公的機関、企業、一般の人々を募り、志を1つにして、希望にあふれ楽しく前進して行きたい。

 

image

「NPO法人鴻巣こうのとりを育む会」の「埼玉県 地域活性化」ビジネスモデル化への拡大提案 18-1-15中村

販売の心(事例:LEDアロマスターリングエンジン)

販売の心(事例:LEDアロマスターリングエンジン) published on 販売の心(事例:LEDアロマスターリングエンジン) へのコメントはまだありません

販売の心(事例:LEDアロマスターリングエンジン)  18-4-5 中村憲雄

1. LEDアロマスターリングエンジンの製造・販売に向けて

① 製造企業:(有)杉田兄弟発條(埼玉県三郷市)

② 開発支援企業:(有)協和合金(埼玉県川口市) 

③ 販売支援企業:(株)技術士ネットサービス(埼玉県狭山市)、(有)PMCサービス(埼玉県浦和市)

④ 販売・製造・開発支援:(一社)技術士さいたま

⑤ 商品コンセプト:LED照明スタンドの光の中で、スターリングエンジン駆動によるファンが軽いメカ音で心地よく回転し、アロマオイルの良い香りが部屋中に拡散する。癒し系の照明器具である。

⑥ エネルギー効率が優れたLEDでさえも70%は熱として消費される。それを香りの発散と、ファンによる拡散のエネルギーに転用した。結果的に発熱が抑えられ、LEDの寿命アップにも貢献する。

⑦ スターリングエンジンは200年前に発明され、当時は夢のエンジンと呼ばれた。21世紀にはムダに捨てられる熱エネルギーの活用に活かし、夢の実現に貢献したい。

2. お金が回らなければ経済活動とは言えない。企業が発展するための必須条件である。その為の販売である。

3. 販売は喜びを届ける心無しには続かない。顧客の喜びを最高にするには、顧客間が納得する価格で圧倒的な価値を提供することとが必要である。

4. 中小企業は注文を受けて製品を納める下請け業務が多いが、昨今は自社商品の製造・販売に関心があるところが増えてきた。自社技術を活用し新商品の試作までは行うが、一般的に販売が苦手である。

5. 大手の開発系企業は、開発初期段階からSED各部門が参画し、協力し合う体制を採用している所が多い。すなわち販売(S)部門が必要機能やコンセプト、販売価格と販売数量、ターゲット市場などの販売戦略立案と推進。製造(E部門が)販売数に適した最適な生産戦略の立案と推進、開発(D)部門はそれらを統合した新商品の試作と図面化を行う。開発終了時点で、新商品の製造・販売準備が完了し、実施される。

6. スタッフの不足している中小企業と、企業の顧客であるエンドユーザーの喜びを実現する支援が、GS法人の仕事である。更に株式会社技術士ネットサービスは、中小企業の新開発商品の販売支援である。

スターリングエンジン新商品開発プロジェクト例会(18-3-25)で、新商品の製造・販売を合意!

スターリングエンジン新商品開発プロジェクト例会(18-3-25)で、新商品の製造・販売を合意! published on スターリングエンジン新商品開発プロジェクト例会(18-3-25)で、新商品の製造・販売を合意! へのコメントはまだありません

1. LEDアロマスターリングエンジン(SE)照明器具(仮称)

 

2. 平尾マークⅡスターリングエンジン(SE)三輪車

image

理化学研究所のバトンゾーンイメージ図

理化学研究所のバトンゾーンイメージ図 published on 理化学研究所のバトンゾーンイメージ図 へのコメントはまだありません

 

理化学研究所のバトンゾーンイメージ図


バトンゾーンとは、公的研究所の開発結果をスムーズに企業に渡し、商品化する橋渡し的存在。 このバトンゾーンに於いて、技術士は伴走役として活動することが期待されている。