Skip to content

川越技術士会の紹介とリンク

川越技術士会の紹介とリンク published on 川越技術士会の紹介とリンク へのコメントはまだありません

川越技術士会について(GS法人の中村憲雄なども所属している。)

image

会員数  9名(2017年3月現在)

有資格者
・技術士 6名
・弁理士 1名
・一級建築士 2名
・博士 1名
・コンクリート診断士 1名
・エネルギー管理士 1名 ほか

会長  飛坂 基夫

沿革 2006年 川越近辺で活動する技術士有志によって発足

目的 川越地域などに所在する中小企業を中心とする組織に対して、主として技術的支援等を行い、地域社会の発展に寄与すること

事業の種類
川越市商工会議所事業の支援
川越地域中核人材育成協議会事業の支援

「科学の甲子園」への参加提案(サポート提案)

「科学の甲子園」への参加提案(サポート提案) published on 「科学の甲子園」への参加提案(サポート提案) へのコメントはまだありません

GS法人は、「科学の甲子園」に参加する高等学校の生徒に対して色々なことをサポートしたいと考えております。本年度から埼玉県で3年間開催されます。

以下、平成29年2月3日 プレスリリースより転載します。


 

埼玉県教育委員会
科学技術振興機構(JST)  協同プレスリリース

科学の甲子園全国大会の埼玉県開催決定について

全国の高校生等が都道府県を代表して科学の思考力・技能をチームで競う「科学の甲子園全国大会」(主催:科学技術振興機構)について、平成29年度(第7回)から平成31年度(第9回)までの3年間の開催地が、埼玉県に決定しましたのでお知らせします。

1 第7回~第9回科学の甲子園全国大会開催概要(予定)

① 主催
科学技術振興機構(JST)

② 共催
埼玉県教育委員会、さいたま市教育委員会

③ 後援
文部科学省、公益社団法人理科教育振興協会(予定)

④ 日程
平成30年3月下旬(第7回大会) ※ 第8回大会以降は未定

⑤ 会場
ソニックシティ(さいたま市大宮区桜木町1−7−5)
さいたま市記念総合体育館(さいたま市桜区道場4丁目3−1)

⑥ 参加者
各都道府県代表47校 420名程度 (内訳:高校生等376名程度(6~8名/チーム)、引率47名(1名/チーム)
大会実施関係者 100名程度、一般来場者 500名程度

⑦ 開催内容
開会式、筆記競技・実技競技、表彰式 など

2 開催地決定までの経緯

○平成28年10月21日
~11月30日
連携自治体(開催地)公募

○平成28年12月 9日
外部有識者による「科学の甲子園推進委員会」において審査
(書類審査、プレゼンテーション)

○平成28年12月22日
埼玉県での開催決定

3 公募申請自治体

埼玉県教育委員会を含め2自治体(自治体名非公表)

4 選定理由

「産学官連携による持続可能で地方色豊かな運営」と題して、埼玉県教育委員会とさいたま市教育委員会との連名で提案があり、埼玉大学および埼玉県経営者協会と連携し、埼玉県出身のノーベル賞受賞者(大村 智 教授、梶田 隆章 教授)の講演会開催や、鉄道博物館と連携した集客施策の実施などの具体的・独創的な内容が評価された。

<添付資料>

参考:「第6回科学の甲子園全国大会」開催概要 (今年度開催概要)

<お問い合わせ先>
<科学の甲子園全国大会に関すること>

科学技術振興機構 理数学習推進部
担当:落合 圭(オチアイ ケイ) Tel:048-226-5665

<科学の甲子園全国大会埼玉県開催に関すること>

埼玉県教育局 県立学校部 高校教育指導課
担当:菅崎 俊幸(スガサキ トシユキ) Tel:048-830-6760