Skip to content

逆T字型知識の詳細内容(チェックリスト的事例)

逆T字型知識の詳細内容(チェックリスト的事例) published on 逆T字型知識の詳細内容(チェックリスト的事例) へのコメントはまだありません

image

一般的知識(常識レベル)取得の理由・目的

1. 21世紀企業の競争力向上のためのツールとして「摺り合わせ型マネジメント」を実現し、協力・調整効果を上げる企業運営に貢献。

2. 「摺り合わせ型マネジメント」とは、社員の自主自立による、知恵を結集するシステム。

3. 逆T字型知識取得により、全社の実態を共有化する。お互いを理解するツールとする。

とりあえずは経営幹部中心に広め、順次中堅管理職、一般従業員へと拡大を図る。

SED連携による新商品開発プロセス(シーズ開発から事業化成功までの仕組み)

SED連携による新商品開発プロセス(シーズ開発から事業化成功までの仕組み) published on SED連携による新商品開発プロセス(シーズ開発から事業化成功までの仕組み) へのコメントはまだありません

image

CAP-D(キャップドゥ)による展開(現状の正確な把握が全てのスタート・原点)

CAP-D(キャップドゥ)による展開(現状の正確な把握が全てのスタート・原点) published on CAP-D(キャップドゥ)による展開(現状の正確な把握が全てのスタート・原点) へのコメントはまだありません

image

image

理化学研究所のバトンゾーンイメージ図

理化学研究所のバトンゾーンイメージ図 published on 理化学研究所のバトンゾーンイメージ図 へのコメントはまだありません

 

理化学研究所のバトンゾーンイメージ図


バトンゾーンとは、公的研究所の開発結果をスムーズに企業に渡し、商品化する橋渡し的存在。 このバトンゾーンに於いて、技術士は伴走役として活動することが期待されている。