Skip to content

「平成30年度 一般社団法人 技術士さいたま 定時総会」の開催

「平成30年度 一般社団法人 技術士さいたま 定時総会」の開催 published on

日時:平成30年4月22日(日) 13:30~16:30

場所:武蔵浦和サウスピア 8階 第3集会室

 

この記事の概要

議題

理事長あいさつ

第1号議案 平成29年度活動報告

第2号議案 平成29年度会計報告及び会計監査報告

第3号議案 平成30年度活動計画

 自由討議

 

理事長あいさつ

1. (一社)技術士さいたま(GS法人)は、2012年(平成24年)3月26日に設立。

2. 目的は、中小企業に対する支援の「結果」を出し、それを「ビジネス」に繋げること。

3. 目標は、新技術・新商品・新サービスの開発と 新事業化の、支援の仕組みを作る。

4. 要件は、

   ① 様々な専門家・専門機関との連携・協力

   ② 中小企業の困りごとを 先ず全て聞く。→ 具体的解決策を 構想 → 提案と旗振り

   ③ 企業の 現場支援のツール (生産体質の改善・強化資料)

a. SED 共同開発 の仕組み

b. QCD 生産体質改善 チェックリスト

c. CAP-D(キャップッドゥ)の考え方

   ④ 新開発商品 販売会社:㈱ 技術士ネットサービス」を設立 (2015年5月15日)

5. スターリングエンジン(SE)新商品開発 PJなど、今年は皆で前進する。

 自由討議 (今後の発展に向けて)

中小企業は、競争力のある技術や、優秀なスタッフが不足している。

clip_image001

1. 従来の技術・アイデア・商品+αを組み合わせ、新付加価値を構想。

2. 新しいニーズや、新しいマーケットを、自ら掘り起こし開始。

3. 新付加価値商品や新市場など、ブルーオーシャン戦略を企画する。

4. 中小企業に提案し、納得を勝ち取り、旗振り役を演ずる。

 

総括

1. 第1~第3議案は承認された。

2. 新理事が4人選任された。→ その後新理事による理事会が開催された。

 (代表理事に中村憲雄が選任された。)

3. 本年度の活動について、活発な意見が出され、白熱した議論となった。

4. その後有志による懇親会が開催された。良い雰囲気の中で生の意見交換ができた。

Primary Sidebar